お水の商売を利用!ここに注意しよう!

>

水商売で気を付けなければならない点

水商売とは?

それでは、そもそも水商売とは一体どのような物なのでしょうか?

水商売という言葉を調べてみたところ、水商売というのは、水を売るわけではなく、いつもある水を売るように、全く先が見えない仕事のこと。
世間の人気やブームであったり、嗜好をみていなければ、収入が安定しない。
そんな収入が不確定な業種や職業のことを、水商売と呼ぶようです。
日雇い労働者や農家、漁師等の場合は、人気や嗜好を読むことがあまりないため、水商売には含まないようですが、キャバクラやバー等、その時に客が好むものをみていなければならないお店であったり、作家や芸能人、芸人のような物も、水商売に含みます。
最近注目されているYouTuberも、水商売に当たる可能性がありますね。
尚、こちらの記事では『お水の商売』がテーマですので、ここでの水商売はバーや接待クラブ等の接客飲食営業を指させていただきます。

水商売へのイメージ

では、水商売にはどのようなイメージが持たれているのでしょうか?

水商売のイメージというのは、やはり風俗店と同じであまりよろしくないようです。
あまりしっかりとは書けませんが、価値観の自由度が推されているのに、まだこの世界には強い偏見があるようです。
やはり、水商売というのは、収益が不透明であると言うことと、非現実的な空間であることによって、嫉妬からか偏見からか、そのような差別的なことが浮かんでしまいます。

しかし、だからと言って落ち込んでしまう必要はありません。
何事にも、働くというのは理由があります。
その中で、単純に接客に誇りを持っている方であったり、大きな夢のためであったりと、理由があるのは分かります。
人によっては、偏見があるということをまず受け入れ『それでも』と頑張っている方も多いのです。
決して、落ち込むことはありません。


この記事をシェアする