お水の商売を利用!ここに注意しよう!

>

水商売で得られる収益と勤務形態

水商売で得られる収益

それでは、水商売で働く際に得られる収益とは、どれ程なのでしょうか?

水商売のイメージの中には『楽して稼いでいる』というものがあるようですが、実はそうではありません。
というのも、水商売で多く収益をもらうのであれば、お客様に多く来てもらわなければならない上に、多くの方に『指名』をいただかなければならないようです。
水商売の給料の仕組みは基本の時給にプラスして、インセンティブと呼ばれるサービス料から出る収益が必要となってくるのです。
多くのお店から平均を出した時給は3000~5000円と、高めですが、それは多くのドリンクを売ったり、多くの指名をいただけた方がいただける給料。
これほどの給与をもらおうと言うのであれば、結構な努力が必要となるのかもしれません。

水商売の勤務形態

さて、水商売で働くとなった場合、その勤務形態とは、一体どのようなものなのでしょうか?

まず、キャバクラ嬢と呼ばれる従業員の方は、労働者と分類されるのではなく、個人事業主としてお店と業務委託契約を締結するという形で、働いているようです。
その理由としては、結果的に、収益の源泉となる、顧客情報や管理を、従業員であるキャバクラ嬢が独占している形になっており、店を介さず、キャバクラ嬢が顧客に接客の営業をしているからのようです。
人気のキャバ嬢の中には、お客様から個人的にチップであったり、プレゼントをいただく場合があるようです。
その場合、普通ならお店の収益として換算されなければならないのですが、キャバクラ等の水商売の場合では、管理しているのはキャバクラ嬢となっているようですので、そのような労働者という形ではないとのことです。


この記事をシェアする