お水の商売を利用!ここに注意しよう!

>

水商売で働く際と客として利用する際の注意

水商売で働く際の注意

それでは、水商売で働く際には、どのような注意が必要なのでしょう?

まず、一番懸念されるものと言えば、やはり生活習慣ではないでしょうか?
キャバクラ等の水商売は基本的に夜勤の場所が多く、昼夜逆転をしすぎると、生活のリズムが崩れてしまい、そのまま生活習慣病等の体調不良のリスクが伴ってしまいます。
ですので、体調不良などにならないように、時間を決めて仕事を上がったり、辛いときには勤務時間を削ったりと、できる限りの工夫をしましょう。
それ以外には、他ページでも記載したとおり、まだ強い偏見が水商売や風俗営業に存在してしまうことかもしれません。
ですが、それをわざわざ気にすることはないと思います。
尊厳や表現の自由がさらに尊重されようとされている世の中ですので、決して落ち込むことではありません。

水商売を利用する際の注意

では、水商売を客として利用する際には、どのような注意が必要なのでしょうか?

水商売を利用する際、やはり気を付けなければいけないのは、お酒での勢いかもしれません。
酒は飲んでも飲まれるなと言うくらいです。
記憶がないうちに、従業員に不快を与えるようなことをしたり、大暴れをしてしまったりすると、お酒を飲む場であっても、勿論追い出されますし、場合によっては法的手段を取られてしまうかもしれません。
勿論、お酒を飲むなとは言いません。
しかし、出来る限り節度を考えなければ、大変なことになってしまいます。
それに、水商売で接客している方は基本異性の場合が多いです。
異性特有の不快感を与えてしまうと、従業員の心にも傷が付いてしまう可能性だって存在するので、言動や行動、そしてお酒には出来る限り注意できるようにしましょう。


この記事をシェアする